ラフレター 歌舞伎町のホスト手塚真輝発 家族に対する現状報告の手紙投稿・閲覧サイト

ラフレター 歌舞伎町のホスト手塚真輝発 家族に対する現状報告の手紙投稿・閲覧サイト

  ラフレターQRコード  





2007年  11月12月
2008年  1月2月3月4月5月6月7月8月9月11月12月
2009年  1月2月3月4月5月6月7月8月10月11月12月
2010年  2月3月4月5月6月7月8月9月10月
2011年  1月4月5月7月8月10月
2012年  2月7月9月10月11月12月
2013年  1月6月9月
2015年  8月10月


今はまだ・・・側にいてもいえないけど・・・

『ありがとう』今はまだいえない 言いたくない
私が家を出た時ともうすぐ娘が同じ年になろうとしてる
自分の環境と同じにさせたくはなかったけどいくら頑張っても
やっぱり、娘もいろいろ問題を持って帰ってくる
本当は話し聞いてほしかったから行きたかったけど
あなたたちが『関係ない』『ざまーみろ』『あいつの子供やから』って言っていると
聞いてしまい行けなかった 
小さい時から家に居場所がなくて大嫌いだった
姉に気を使う母、間に入るのが嫌で逃げてた父、体の弱い妹、父の連れ子の意地悪な姉 
しかる時もただ暴言、暴力ばかりのあなたたちが大嫌いでこのまま消えてほしいとさえ感じてた
自立する事だけがいつからか目標だった
だから…家を出た もうその倍以上の人生を送ってきて
私もいろいろあったけどやっぱり実家は嫌い行きたくない・・・まだ許せないと思うから
結婚してから夫のことで迷惑もかけてしまったけど
ひたすら私を攻め・・・親の言うセリフではなかった
家を出て初めて自分の居場所を見つけた時のことずっと忘れられない
夜、ただ自分の居場所を求めて集まってお互い連絡先も本当の名前も知らない仲間
生きてくためなら手段なくなんでもやってた事
今でも、心の中でリセットできない事もたくさん心の傷としてあるけど
それは生きていくためだったッて言い聞かせて封印してる
今はどうしているかさえも知らないけど本当に親のように接してくれたこと、
私に居場所を与えてくれたこと、人を信じるという大切なことを言葉、行動でおしえてくれた
初めてだった
仲間がいなかったら私は存在してなかったかもしれない・・・きっと
今はまだあなたたち両親に心から『ありがとう』って素直にはなれない
わからないけどいつか素直にいえる時が来たらいいって思う

38歳 女性 mayjun



 

お母さんごめんなさい
小さい頃からたくさん心配かけてごめんなさい
お兄ちゃんよりも心配かけてるよね
自分で選んだ道なのに今自ら壊そうとしてます
何がしたいのかわかんなくなっちゃった。
誰よりもお母さんのこと心配してるつもりなのに親孝行したいのに
お母さんに一番負担をかけるのはいつも私だね

こんな娘でごめんね

19歳 女性 happy



 

お母さんの用事待ちです。
待ってる間に読書してます。


 「ありがとう」を言いたくて
 お母さんへのラフレター

って、タイトルの本です ■▲●

もう何度も読みました。
読む度に泣きました。

自分自身、怒られる事を沢山しました。
言えない事もしました。
胸を張って「良い娘」なんてとても
言えないけれど、お母さんが
「私の娘」って言ってくれる事を
嬉しく思ってます、ありがとう。

私の目標を応援してくれて
信頼してくれて怒ってくれて
お母さんやお父さんのお陰で
大切な友達ができました。
2人のお陰で私は人間として
生まれてこれました。

本当にありがとう。

これからもたまには愚痴聞くから
体に気を付けて頑張っていこうな。

 

今夜のご飯は
お母さんの好きなものを作るよ。

 

18歳 眼鏡少女



お母ちゃんへ

あなたがこの世を去った歳に私もなります。周りの友人達がしていないようなお手伝いもあなたは私にさせていましたね。整理整頓にも厳しかったですね。あなたが居た頃はイヤでしょうがなかったです。今、あなたの生きた歳までくるとあなたと共に生きた13年間がありがたいです。大きな声で言えます「ありがとう」
もう一つ、あなたやお父ちゃんがこの世を早く去った事が寂しいです。今まではあなた方の生き方を手本に生きてきました。これから先、おばあちゃんの歳になるまで誰を道しるべにすればいいのか。
これからも、あなたへの感謝と寂しさを思いながら、あなたとお父ちゃんの分まで生きていきます。

42歳 女性 ひろP



パパ へ

パパがいなくなってもうすぐ3年です。

病気がわかって一番に電話くれたお父さん「ママに伝えるのどうしよ~」って電話。
パパがママが大好きだったてことを改めて実感しました瞬間でした。
そして長女として頼ってくれて親父さんってのも私を強くしてくれました。


けど、一番の気持ちは「悔しいよ!」「さびしいよ!」
今だったらもっと、こうしたかったのに…
もっといい最期を迎えてほしかったのに…   悔しいよ。


あの時どうしても聞きたかった一言。

「自分の寿命について知りたかったんじゃない?」

そしたらも、もっと伝えたいことあったんじゃないかな…パパにも。
何より娘としてそんなパパからの話がいろいろ知りたかった。


最期にパパはなにがしたかった?


そして、8月のあの日
実は
「パパ愛してるよ~っ」てちゃんと口にして伝えたかったんだ…

けどなんだか悟られそうで言えなかった。

素直になりきれなかった娘だったけどそれもお見通しだったんかな?

今でも愛してます。そしていっぱいの愛をありがとう。これからも天国から私たち母娘3人を愛していてね☆

27歳 女性 じゅん



お父さん

お父さん、死んでしまって10年以上経つのに
未だに、あ、そうやった、お父さん居てないんや・・・
って思う。
なんとなく、まだいてる感じ。
自分に起こったことじゃないような感じ。
6年生のとき、熱出して頭痛くて動けない私を
団地の5階から階段でおんぶして病院まで連れて行ってくれた。
きっと、重かったやろうなぁ。
阪神大震災のときは、電車動かない中、時間をかけて来てくれた。
そんなやさしさを、親として過ごしている今思い出す。
私も自分の娘に、お父さんと同じことしてあげられるかな。
お父さんとお母さんが私にしてきてくれたことをお手本に
子育てしていきます。
ありがとう。

40歳 男性 博美



愛する息子へ

昔から、婦人系が弱ったので私の母親ですら子供は無理だろうと思っていた。

今から4年前、エコーに写った小さな豆のような君がいた。
これを逃せば、一生子供が生めないかもしれない…。
でも、親の借金を返す為に仕事を休む事もできない…。
正直、かなり悩んだけど君に会いたいから、あーちゃんは生む覚悟が出来ました。

つわりもなく、生まれてからも夜鳴きもしない親孝行な我が息子。
君が4ヶ月で仕事に復帰してからは、寂しい思いをずっ~とさせていてごめんね。
小さいながらに、その事を理解しているだけに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

生まれてきてくれて、ありがとう。
生きていてくれて、ありがとう。

そんな、あーちゃんを母親にしてくれた、おーちゃんもありがとう。

38歳 男性 あーちゃん






ラフレターを書く

<<戻る






投稿の著作権に関する取り決め プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright © ROUGHLETTER SECRETARIAT All rights reserved.