ラフレター 歌舞伎町のホスト手塚真輝発 家族に対する現状報告の手紙投稿・閲覧サイト

ラフレター 歌舞伎町のホスト手塚真輝発 家族に対する現状報告の手紙投稿・閲覧サイト

  ラフレターQRコード  





2007年  11月12月
2008年  1月2月3月4月5月6月7月8月9月11月12月
2009年  1月2月3月4月5月6月7月8月10月11月12月
2010年  2月3月4月5月6月7月8月9月10月
2011年  1月4月5月7月8月10月
2012年  2月7月9月10月11月12月
2013年  1月6月9月
2015年  8月10月


 

おばあちゃん、会う度に拝むのやめて!
いくら拝まれても、結婚は相手がいなきゃ無理だから!
そんな予定は今のところまったくありません。
だからおばあちゃんの心臓にはまだまだ頑張ってもらわないとね。
おばあちゃんの心臓が止まってしまわないように、毎日祈ってます。

20代 女性 M



親父へ

笑顔は不治の病をも治すんだって。

俺も今やんなきゃいけない事一生懸命やるからさ、
また帰るときまで、
どうか元気で、
生きて下さい。

タカ



ママへ

好き勝手やらせてくれてありがとう。
たまに送られてくる「自愛してね」ってメール
笑っちゃうけど
愛情感じます。

甘えてばっかりでごめんなさい。
長生きして
これからも甘えさせてください。

あい



 

今までいっぱいいっぱいありがとう
弱さも全部受けとめてくれてありがとう
もっともっと一緒が良かったけどね。

こないだ会ったばっかりなのにもう会いたいよ
次はいつ会えるかな、もう会えないかな。。


離れていても
あなたの頑張れの言葉
ずっと励みに頑張るよ


愛してるよ。

強がり虫



親愛なる祖父へ

こうして改めて手紙を書くのは何だか慣れない感覚ですが、少々書かせて頂こうと思います。今まで数多く尊敬できる人に会ってきましたが、あなた以上にそう思える人には今後会えないのではないか?と思います。
今僕がホストとして、あなたとは全く違った人生を送ろうとしている事をあなたがどのように思うかは、今の僕にはわかりません。
しかしながらただ、あなたが身を削って僕たちを守ってくれたように、大切なものを守れるような人間になりたい。ただ単にそう思います。
そんな孫のことを、どうか見守ってくれる事を心より願っています。

晶より



 

最近まともに話してないけど、常に心配しているよ
次ぎ会う時はあたたかい季節がいいな

 



 

日出づる彼方に来たりて
幾星霜
星の彼方は未だ視えざり

ゆうさく



我が両親へ

本当に
ホントウニ
ほんとうに・・・

ありがとう
これからも宜しく

たける



 

いろいろやり残した事があるでしょ?
これからだったでしょ?
自分だけどっかいって・・・・・
俺の中にはいつもあなたがいる
こんな俺だけど見守ってくれよ、親父!!

 



パパとママへ

出会った事に感謝します。
産んでくれた事に感謝します。
産んでくれた事に感謝します。
一個一個教えてくれたことに感謝します。
まだまだ勉強中なオレ、一生勉強なのかもしれない、いや勉強だ!!
いつか大きな輝きでお返しします

 



 

お母さんはお父さんにはなれないんだな~
お父さんもお母さんにはなれないんだな~

金子



 

天国から今日も見ててね
今日も明日も同じ笑顔で

桜井



 

お母さん、おばあちゃんの葬式、密葬で寂しかったね。えんぎでもないけど、お母さんが天国に行くときには、ちゃんとした見送り出来るように、1人前になれるように頑張るよ

本田



 

仕事いつも忙しくてなかなか帰れなくてごめんね。みんな元気かな?
いつもみんなのために頑張ろうってキモチをずっと忘れてないよ

 



おやじ、おかんへ

おれが歌舞伎に出てきて新米の季節が2度過ぎました。「かせいでくる」っていって飛び出してきたけど、まだ1回も金送ってこなかったなぁ・・・あんちゃんが結婚して家出て俺が面倒見なきゃなんないのにごめんな。
もうちょっと待ってて!
いつも米送ってくれてありがとう。

きすけ



 

今の俺があるのはあなたのお陰。
あれから幾日もの月日が経っても、けして忘れる事はない、あなたへの感謝の気持ち。出会った頃の俺は生きる事に完全に冷めていた。そんな俺にあなたは全てを教えてくれた。感情を持つ喜び。人と係わる楽しさ。そして生きる街・・・
なのにあの頃の俺にはわからなかった。守るはずの俺が守られていて1番大切なあなたが傷ついていた。毎日必死にもがいて、少しでも早く理想の男になりたくて。俺は今でも追求し続けるよ。苦しくても辛くても、たとえ一人になっても・・・・それがあなたの苦しみであり、優しさだったから。もうあなたは新たな幸せを掴んで、前を向いて歩いている。語る事は無くても、今ならわかるよ。今でも1番に応援してくれているのは、あなただって事を。

 



 

いつも仕事がんばってるね
たまにはゆっくり休まないと
今度飯でもいこうよ
いつまでも元気で笑顔でいてくれ

 



 

バカヤロー!
バカヤロー!
バカヤロー!
いつまでもバカヤロ!

 



 

最後ぐらいそばにいたかった
電話じゃなくて
もうあなたに会えないなんてつらすぎるよ

 



 

みんな元気してるか?
俺は元気にやってます
一人東京に来ちゃったけど
地元がとても恋しいよ
BIGになっていつか帰ります

 



 

僕が東京に行くときに作ってくれた弁当、やたらしょっぱい卵焼きの味を今でも覚えています。胸を張って帰れるようになったら、また作ってください

あきら



野球が大好きな父さんへ

僕は野球が好きじゃなかったけど、いつか天国に僕も行く時がきたら一緒にキャッチボールしましょう。
そっちでも楽しく過ごしてください。

 



 

実家に居るときはうるさくていなくていいと思ってた
でも一人で暮らしてから、家族のあたたかさがわかったよ

龍矢



ポチへ

そっちはどうですか?ポチとのこと思い出すと涙が出ます。今も忘れません
新しい犬飼ってもいいですか?

 



10年後の君へ

笑ってますか?
それが僕のとなりならいいな

 



 

君と一緒に行った場所は、誰と行っても君のカゲが見えるよ。またいつか会えたらいいね

 



 

ハンバーグって作り方むずかしいだね。
全然うまくできないや。
今度帰ったら教えてね。

 



 

あのときケンカして、でてったままだけど、僕が元気にやってます。
いつかちゃんとあやまれる日がきたら帰るので
それまで元気でいてください。

 



 

ババァうぜぇな
ジジィうるせえな
でもそんなかれらが俺のおやなんだよね

れん

 



お父さんへ。

一緒に暮らせた時間は短かったけど、

それでも大きな傘のように、

私たち家族を守ってくれてたね。


遠く離れて暮らす娘たちの成長についていけず、

言葉にならない想いが、

どうしても暴力という形で出てしまったこと。


今なら、なんとなくわかります。


きっと伝えたいことはいっぱいあったんだよね。


お父さんとの確執が原因で、一緒に暮らせなかったお姉ちゃん。

そんな二人の仲介ばかりで疲れきったお母さん。


私はそんな状況を作ったお父さんがずっと憎かった。


大嫌いだった。


でも、大好きだった。


私が社会人になり、やっと大好きな仕事の話も理解できるようになったのに、

あとちょっとで日本に帰国し、お母さんとゆっくり過ごせるはずだったのに。


2006年3月7日。

お父さんの56歳の誕生日。


どうして思い出した朝に、すぐメールを送らなかったんだろう。

どうして時差を気にして、電話をしなかったんだろう。


夜に出したメールは、二度と開かれることはなかったのに。


オーストリアの病院から連絡がきたとき、どうしてすぐに発たなかったんだろう。

すぐ行ってたら、最後に話ができたかもしれなかったのに。


今はもう、最後に話した言葉が思い出せない。

 

お父さん。

私はお父さんの代わりになりたい。

お母さんも、お姉ちゃんも守れる強い人間になりたい。

安心して、またみんなが暮らせるように、

私が柱になりたい。

守り抜きたい。


お父さんが元気でいてくれたらと思わなかった日はない。

でも、必死にがんばるから。


一度もお父さんから聞いたことがない褒め言葉。


いつか、お父さんのような傘になることができたら、


褒めてね。

Masami



 

いつも怒っている先生、いつもなぐってくる先生
叱ってくれる先生がいなかったら今の僕はありません
先生は今もどこかで先生ですか?

 



父さんへ

父さん、いつも仕事お疲れ

毎日顔をあわしているのに
「おはよう」と「おやすみ」しか話してないよね

高校に入ってからずっとそうしてきたよね

父さんのことは嫌いじゃないよ

でも、今は話したくないんだ

もう少し待ってて

 

神奈川県 19歳 男性






ラフレターを書く

<<戻る






投稿の著作権に関する取り決め プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright © ROUGHLETTER SECRETARIAT All rights reserved.