ラフレター 歌舞伎町のホスト手塚真輝発 家族に対する現状報告の手紙投稿・閲覧サイト

ラフレター 歌舞伎町のホスト手塚真輝発 家族に対する現状報告の手紙投稿・閲覧サイト

  ラフレターQRコード  





2007年  11月12月
2008年  1月2月3月4月5月6月7月8月9月11月12月
2009年  1月2月3月4月5月6月7月8月10月11月12月
2010年  2月3月4月5月6月7月8月9月10月
2011年  1月4月5月7月8月10月
2012年  2月7月9月10月11月12月
2013年  1月6月9月
2015年  8月10月


長生きしてほしいから・・・・

身体障害者一級になった母さん、あなたが一人であの大きな家、6人で生活してた家で一人で暮らして行くのは無理なのよ。何度言ったらわかるのかな。強がり言って、頑張るけど体力がついていかないのに。ケアハウスに入って食事のサービスを受けて下さい。そこでは、自分の部屋の掃除と洗濯だけ。社交的な貴方にはすぐ友達が出来るよ。心配で訪ねて行っても、「大丈夫だから早く帰って」と言うけど何をやっても疲れてコタツで横になってるじゃない。長生きしてほしいから言ってるのよ。かたくなに全てを拒んでるあなたに、ボケの初期症状かと心配しています。せっかく父さんの介護から手を離れて自分だけの時間を手に入れたのに団体生活を送るのは嫌なのはわかる。でも日常の雑務に追われる事なく、好きな事だけをやって生きていってほしいのよ。

金持ちじゃないのに、兄弟3人を東京の大学に行かせてくれたね。だから3人共東京のいい会社に入り、いい仕事に就けた。誰一人落ちこぼれなく育ててくれて勉強させてくれた貴方と父さんに感謝します。

38歳 女性 東京都 きっちん



 

ちたくんへ
こちらこそいつもありがとう、俺がどんなひどい事いったりしても一緒にいてくれてありがとう、いくらありがとういっても足りない位です
これからもずっとずっと一緒にいようね

28歳 男性 エタン



ありがとう。

いっぱい問題を起こして、嘘ばかりついていて。
問いただしたいことは、たくさんあったと思うんだ。
でも聞かないでいてくれた。
グッとこらえてくれた。
今思い出しても、涙が溢れてくる。

私はまだ万全ではないけれど、あの頃を思い出すと、反省と共に、進むべき道や選択肢が見えてくるんだ。
あの頃のことが、役に立つなんて。びっくりだね(笑)。

お父さん、お母さん。

ありがとう。

ありがとう。

感謝しきれない。

どうすれば伝えられるんだろう。
どうすればこの感謝を形にして返せるんだろう。

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

28歳 女性 あやこ



 

てっちゃん、いつもありがとう☆

ちたくん



ごめんなさい

今は切実に貴方からの連絡を待つだけです

まや



お母さん、お父さん

今まで育ててくれてありがとう。感謝してもしきれません。
小さなことで叱られたり咎められたりしたことは数え切れないけれど
大きな決断のときにはいつも私の考えを尊重し、陰から支え、励ましてくれて。
いま、私がここにいるのは、何をおいてもお父さんとお母さんのおかげだと思います。
2年前の誕生日にくれたカードに
私がお父さんとお母さんの誇りであり、期待の星だと書いてあったのを読んで、
涙しました。
うれしかったのと、少しの罪悪感とで。

ずっと言えずにいたことが、ひとつだけあります。
それを隠すために、たくさんの小さな嘘をつきました。
積み重なっていく嘘の重さに耐えかねて泣いた夜もたくさんありました。
ここだけで、そっと告白させてください。

私の好きになった人は、女性です。

いま数えてみたら、たった16文字しかないけれど、
この言葉が愛情を裏切るんじゃないかと思って
家族の絆を永遠に変えてしまうんじゃないかと思って
それがとても怖くて、言えずにいます。

もし言ったら、きっと
二人とも困った顔をして
心の中にたくさんの葛藤と苦悩を抱えたまま
優しい言葉で私をゆるしてくれるような気がして。

それを思うと、胸の奥がきりきりと痛みます。

お父さん、お母さん
ごめんなさい。

好きになった人が女性であることが
世間に対して後ろめたい、と感じたことはないけれど
お父さんとお母さんのことを思うと
心に鉛がつかえているような気分です。

ごめんなさい。

それでも、誇りに思ってくれますか。
二人の期待の星で、いさせてくれますか。

20代 女性 nurekobuta



絶対守るから

私に何かあったら 最後に助けてくれるのは 友達でもなくpartnerでもない。何があっても私を見捨てないのは 世界で「私の家族」だけ。たとえ私が死ぬことになっても、私は私の家族を守ります。お父さん、お姉さん、お兄さん、そしてかわいい甥と姪たち。絶対まもるからね! 離れていてもいつも心にあるのは 私の家族。

28歳 女性 sydney アメリア



お袋へ

俺を産んでくれてありがとう。
アナタと暮らした年月よりも、アナタが亡くなってからの方が
長くなってしまいましたね。
生きている時は、実はアナタのことが嫌いでした。
俺の親父との不和で、心も体も病んでしまったアナタに、
俺は何も感じなかった。
でも俺が18歳の時のある日・・・。
アナタは突然、逝ってしまいましたね。
正直、アナタが死んで俺が泣くとは思いませんでした。
でも、自然と涙があふれてきました。
その時はじめて、「俺はアナタの子どもだったんだな」と気付きました。
生きている時に言えなくてゴメン。
お袋、俺を産んでくれてありがとう。
親父と俺は、何とかうまくやっています。
心配しないで。
天国で好きなお酒でも飲みながら、俺達が行くのを楽しみに
待っていてください。

男性 JUN



パパへ

私が子供のころ、生きるための義務は果たしてくれたね。

でも、あなたのせいで私の心は病気になった。
心が病気になったら次は体も病気になった。
そして、そんな私をパパは笑って見世物にした。


全ての親が子供を守れるわけじゃない。
全ての親が正しい判断を出来るわけでもない。
親にも人それぞれ成長の過程がある。
大人になった今だから分かることだけど。


本当は私も皆のように「ありがとう」とパパに言えるようになりたい。
だから過去を忘れることは出来ないけれど、もう許してもいいかなって思う。

まだ少し時間がかかるかもしれないけれど、
お互い「大切な家族」になれたらいいね。

30歳 女性 はな



両親へ

いくつになっても迷惑ばっかりかけてごめんなさい。
心配ばっかりかけてごめんなさい。
お母さんの思うような娘になれなくてごめんなさい。

私、今日で26歳になったよ。
いつも言えないけど、ありがとう。

26歳 女性 Ikue



両親へ

実家はやっぱり落ち着くなぁ。
すごいあまえちゃってて。子供いてもまだ私が子供。
いっぱいありがとね

30歳 女性 花子



おとうさん(旦那)へ

おとうさんの生涯は32年で幕を閉じたね。
又私の結婚生活も7年で終わったわ・・・
2人の子供達は元気で頑張ってるよ 

おとうさんが亡くなって半年たとうとしてる・・・
思い出すたびに涙がでるよ 
おとうさんとこの世で出会ってうれしかったよ 

私はね毎日強がって強がって 
多忙な日々を過ごすように心がけてるよ 
だって ボーッとしてたら 
おとうさんおもいだしてしまうよぉ 

おとうさん 
又いつの日かあの世で暮らそうね 
それまで浮気せずまっててね 
私は頑張ってこの子供たちを育てるよ

32歳 女性 りえん



...

お母さん。ほんま勝手な娘でごめんな。

「よく考えり」って言われたけど、私はやっぱり彼氏と一緒に行きます。
それが明日か4月かはわからんけど、この家にはもういれません。

いままでいっぱいわがまま聞いてくれて、ありがとう。
私みたいな娘を育てられるのは、世界中であなたしかいません。

いつか彼氏と夢を叶えたら、必ず恩返しするから待っててな!!

23歳 女性 mami



ごめんなさい

わがまま行って不確かな夢を追っかけるために
出て行った私の背中を少しでも支えようとしてくれた両親なのに。

何もまだ手に出来ずにいて迷惑ばかりかけてごめんなさい。

本当に愛してくれているのに、それさえも裏切るような行動しかできない私のところにはきっとまだ本当の幸せは訪れないかもしれない。

いつか頭を下げて日本へ帰って
一緒に食事できるように私、頑張ってみる。

心配してくれていた持病もなんとかも悪くならずにいます。

お父さんとお母さんの子供だからどんなことでも
恥ずかしくないよう、表を旨を葉って歩きつづけることができるよう
私、精一杯やってみる。

いつかお父さんとお母さんにもっと笑顔を見せられるよう、私が幸せになることで2人にもらされるよう努力してみる。

今はここでしか言葉をかけられないけれど
いつか本当に見せられるようになるまでしばしここにメッセージを書かせてください。

地球の裏側からいつも2人を愛しています。

今日も生きていてくれてありがとう。

28歳 USA 女性 ゆうちゃん



なんでも叶えてあげる

お母さんが望むものは、何でも叶えてあげたい。

そう思えたのは、お母さんがガンになってくれたから。
闘いに勝って、生きていてくれるから。

あの時に、どんなにお母さんのことが好きだったか気付いたよ。
親孝行のチャンスを与えてくれたんだね。

ありがとう。

私、この歳になってもわがままで泣いたりもするけど、
でも精一杯がんばって、お母さんの夢を何でも叶えてあげる。
だから、お母さんの夢を聞かせてください。

そして、長生きしてください。

32歳 女性 おかあさんの子






ラフレターを書く

<<戻る






投稿の著作権に関する取り決め プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright © ROUGHLETTER SECRETARIAT All rights reserved.